三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  駒込・巣鴨エリア  >  暮らす > 旧古河庭園

旧古河庭園

旧古河庭園

和洋折衷の印象を与える「旧古河庭園」。武蔵野台地の斜面と低地という土地の形状をうまく使って、高台には洋館を建て、斜面には洋風の庭園、低地には和風庭園というつくりになっている。洋館と洋風庭園は「鹿鳴館」や「ニコライ堂」を設計した英国人ジョサイア・コンドル博士(1852~1920)が設計を担当。和風庭園部分は「平安神宮神苑」、「円山公園」、「南禅寺」界隈の財界人の別荘庭園などを設計した京都の庭師植治こと小川治兵衛(1860~1933)が作庭。大正初期の庭園の原型を残す貴重な存在として、2006(平成18)年1月26日には文化財保護法により国の名勝指定を受けている。

旧古河庭園
所在地:東京都北区西ケ原1 
電話番号:03-3910-0394(サービスセンター)
開園時間:9:00~17:00(入園は16:30まで)
休園日:年末年始(12/29~1/1)ほか
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

駒込・巣鴨エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP