三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  三鷹・吉祥寺エリア  >  暮らす > 井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

井の頭恩賜公園

1917(大正6)年、日本初の郊外公園として誕生した「井の頭恩賜公園」。敷地面積は42万平方メートル以上あり、公園中央にある「井の頭池」の外周は約1.5kmにも及ぶ大規模公園である。
井の頭池は、武蔵野三大湧水池のひとつに数えられる、園を代表するスポット。初めて江戸に引かれた水道「神田上水」の水源として、1898(明治31)年に「改良水道」ができるまで重要な役割を果たしていた。 ちなみに、「井の頭池」の名は、3代将軍・徳川家光の命名と伝えられ、「上水道の水源」「このうえなくうまい水を出す井戸」という二つの説があるといわれている。

井の頭恩賜公園

公園は井の頭池とその周辺、雑木林と「井の頭自然文化園」のある御殿山、運動施設のある西園、西園の南東にある第二公園の4区域に分かれ、野外ステージ、競技場、テニスコート、野球場、ボート場などの施設があるほか、西園には「三鷹の森ジブリ美術館」がある。

井の頭恩賜公園

桜の季節には、池の水に映える桜の景色が見事である。また、貴重な武蔵野の面影を残す雑木林はバードウォッチングに最適。11月になると渡り鳥が飛来して池を賑やかにする。

井の頭恩賜公園
所在地:東京都武蔵野市御殿山1 ほか 
電話番号:0422-47-6900
http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/jimus..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

三鷹・吉祥寺エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP