三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  西宮エリア  >  コラム > 夙川の豊かな自然に彩られた夙川エリア

ららぽーと甲子園
西宮市役所
西宮神社
ARROW TREE 西宮店
西宮市役所
西宮神社

夙川の豊かな自然に彩られた夙川エリア

閑静な住宅地にたたずむ「西宮市大谷記念美術館」

西宮市の西部に位置する夙川エリアは六甲山地から流れ出す夙川など自然に恵まれ、古くから邸宅街として人気を集めてきた。現在も大阪市中心部や神戸市中心部にアクセスしやすく、緑豊かで閑静な佇まいの住宅地として注目されて続けている。

阪急神戸線と阪急甲陽線が乗り入れる「夙川」駅

夙川エリアの玄関口となる「夙川」駅には阪急神戸線と阪急甲陽線が乗り入れる。阪急神戸線は特急や通勤特急などすべての電車が停車し利用できる電車の本数が多い。2007(平成19)年にはJR神戸線の「さくら夙川」駅が開業し、さらに便利になった。

夙川」駅前にはスーパーマーケット「グルメシティ 夙川店」をはじめ約60店舗の専門店が集まる「夙川グリーンタウン」があり、買い物の利便性にも恵まれている。

夙川沿いに広がる「夙川河川敷緑地」

夙川エリアを流れる夙川は六甲山地を水源とし、大阪湾に注ぐ約7kmの川だ。うち約4kmは川全体が「夙川河川敷緑地」という公園として整備されている。「夙川河川敷緑地」は1951(昭和26)年に戦災復興事業の一環として「夙川公園」が都市計画決定されたことにより、河川敷を公園化することになったものだ。こうした歴史もあり、2006(平成18年)には「日本の歴史公園100選」と「美しい日本の歴史的風土準100選」に選ばれている。

「夙川河川敷緑地」内の夙川には飛び石が何か所もあり、水遊びを楽しむことができる。川岸では魚釣りなども楽しめる。「夙川河川敷緑地」には遊具があるスペースもあり、子どもが遊ぶ姿も多く見られる。

「夙川河川敷緑地」は四季折々美しい風景を楽しめる。1949(昭和24)年には夙川沿いの約2.8kmに約1000本の桜が植えられた。桜が成長した現在は、春になると松林の濃緑と桜の薄紅が絶妙なコントラストを生み出し、訪れる人の目を楽しませる。4月初旬に「西宮さくら祭」が開かれ、1990(平成2)年には「さくら名所100選」にも選ばれた。桜の花が散ると、夙川沿いでは鯉のぼりが飾られる。川面に映る鯉のぼりの姿もまた清々しい。

夙川には多くの橋が架けられ、桜や鯉のぼりと背後の六甲の山々を眺められる。折に触れて散策するのも夙川に暮らす楽しみとなるだろう。

『火垂るの墓』のモデルになった「ニテコ池」

夙川エリアには他にも散策スポットが多い。貯水池として造られた「ニテコ池」は映画にもなった『火垂るの墓』のモデルとなった場所として知られている。池の周囲には桜並木があり、春には花見の人でにぎわう。

「ニテコ池」のほとりに鎮座する「名次神社」は「廣田神社」の摂社で、緑の中に建つ赤い鳥居が神秘的だ。また、「ニテコ池」の西にはパナソニックの創業者である松下幸之助氏の邸宅として建てられた「光雲荘」もある。

美しい外観がこの地の歴史を伝える「カトリック夙川教会」

夙川から少し東に入った場所に建つ「旧山本清邸」は昭和初期に実業家の近藤寿一郎氏の邸宅として建てられたものだ。その後、実業家の山本清氏が暮らし、現在は山本清氏が夫人とともに収集した美術工芸品の展示や文化教室の会場として使われている。

「カトリック夙川教会」は1932(昭和7)年に建てられたゴシック・リバイバル様式の大聖堂で、阪神・淡路大震災でパイプオルガンを失ったものの美しい建物は現在も残っている。

交通アクセスや買い物環境に恵まれた場所で、緑や歴史を訪ねて散策を楽しむ。夙川エリアではそんな優雅な暮らしを満喫できるだろう。

西宮エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP