三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  西宮エリア  >  コラム > 関西地方の邸宅街の象徴「西宮七園」

ららぽーと甲子園
西宮市役所
西宮神社
ARROW TREE 西宮店
西宮市役所
西宮神社

関西地方の邸宅街の象徴「西宮七園」

西宮市は関西地方有数の邸宅街として知られている。なかでも苦楽園、甲陽園、甲東園、香櫨園、甲子園、甲風園、昭和園といった大正時代から昭和初期に開発された園が付く邸宅街は「西宮七園」と呼ばれ、古くから数多くの著名人が暮らしてきた。

甲陽園の街並み

苦楽園は大正初期に別荘地として開発が行われた。ラジウム温泉も湧き、観光旅館が集まる保養地としても脚光を浴びたという。しかし、1938(昭和13)年の阪神大水害でラジウム温泉は枯れてしまい、以後は邸宅街として発展を遂げた。

甲陽園も動物園や歌舞伎劇場などが設けられ、料理旅館が建ち並ぶ行楽地として人気を集めた。昭和恐慌以降、行楽地としてはさびれたが、閑静な佇まいから邸宅地として知られるようになったという。

長い歴史を誇る建物が残る「関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス」

甲東園という名はもともとこの地にあった果樹園に付けられていた名であった。1922 (大正11)年阪神急行電鉄西宝線(現・阪急今津線)に「甲東園」駅が開業すると、交通アクセスの利便性が高まったことから、果樹園は邸宅街へ生まれ変わる。さらに「関西学院大学」のキャンパスも移転し、文教エリアとしても発展を遂げた。

香櫨園の街並み

香櫨園という名は1907(明治40)年に開設された「香櫨園遊園地」に由来する。「香櫨園遊園地」にはウォーターシュート、メリーゴーランドなど多彩な施設があり、開設当初は大いににぎわっていたという。しかし、開設から数年で客足は衰え、1913(大正2)年に「香櫨園遊園地」は閉鎖となってしまった。「香櫨園遊園地」の跡地は邸宅街として再開発され、1920(大正9)年に阪神急行電鉄(現・阪急神戸線)が開通したこともあり、人気の邸宅街になったという。

現在の甲子園周辺では大正時代に武庫川の河川改修が行われた。これに伴い、武庫川の枝川であった申川が廃川となった。阪神電鉄は申川の跡地を買い取り、行楽施設を整備する。娯楽場やホテルとともに大運動場も設けられ、大運動場はその後、「阪神甲子園球場」と呼ばれるようになった。申川跡地の中心には幹線道路が造られ、その両側には邸宅街の開発も進められる。こうして甲子園は邸宅街としても知られるようになった。

甲風園と昭和園は昭和初期に開発された邸宅街だ。阪神急行電鉄(現・阪急電鉄)によって開発された甲風園は甲山の甲と田園をイメージした風から名付けられ、昭和園は開発時期からその名が付けられたという。甲風園、昭和園が開発された時期にはすでに周囲に園の付く邸宅街が人気を博していたことから、甲風園、昭和園も園を加えた名になったそうだ。

古くから邸宅街として名高い「西宮七園」。開発当時の施設には失われたものも多いが、随所に面影は残り、街に風格を与えている。

西宮エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP