三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  大阪中之島エリア  >  コラム > 多彩な楽しみを身近で楽しめる文化の集積地

多彩な楽しみを身近で楽しめる文化の集積地

大阪市北区中之島には文化施設も多い。

貴重な磁器を多数所蔵する「大阪市立東洋陶磁美術館」

中之島の東に建つ「大阪市立東洋陶磁美術館」は、安宅産業と安宅産業の創業家の2代目であった安宅英一が集め、中国磁器や朝鮮磁器を中心に多彩な作風の作品が集まることで世界的に有名な「安宅コレクション」を中心に所蔵する。「安宅コレクション」が住友グループ21社から大阪市に寄贈されたことを記念して、1982(昭和57)年11月に開館した。その後も複数のコレクターや実業家からの寄贈を受け、常設展や企画展で貴重な作品を鑑賞することができる。

「中之島フェスティバルタワー」にある「フェスティバルホール」

中之島のほぼ中央、四ツ橋筋の東には世界的に評価の高い「フェスティバルホール」もある。このホールは大阪に国際的な音楽祭を開催できるホールを造る目的で建てられた旧「フェスティバルホール」の跡地に造られ、旧ホールで定評のある残響を再現するため最新の技術を余すところなく採用していることが特徴だ。

展示室や収蔵室が地下にある「国立国際美術館」

「フェスティバルホール」から西に向かうと「国立国際美術館」となる。「国立国際美術館」は第二次世界大戦後の現代美術を中心に所蔵する美術館で、2004(平成16)年に「万博記念公園」内から中之島に移転してきた。世界的に有名な建築家シーザー・ペリが設計した建物は展示室や収蔵室、ミュージアムショップなど美術館のほぼすべての機能が地下に収められているという特徴がある。多くの現代美術作品を鑑賞できる美術館として有名で、現在も日本で最大級の観覧者数を誇るという。

国際会議やイベントに使われる「大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)」

国立国際美術館」からさらに西に向かうと、国際会議や学会などに使われる「大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)」もある。ここではコンサートや展示会などのイベントも多い。中之島周辺では2021年開館を目指して「(仮称)大阪新美術館」の建設も進行中で、今後はさらに文化施設が充実することになる。

中之島周辺では「中之島まつり」や「中之島なつまつり」、「中之島ウエスト・冬ものがたり」など、1年を通して様々なイベントが開かれていることも特徴だ。

身近で多彩な文化や芸術を楽しめること、それも中之島の魅力といえるだろう。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

大阪中之島エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP