三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  大阪中之島エリア  >  コラム > 江戸時代から大阪の中心地として栄えた街

江戸時代から大阪の中心地として栄えた街

大阪市北区中之島は梅田の南、堂島川と土佐堀川に挟まれた中洲に広がるエリアだ。

玉江橋から見た中之島の街並み

中之島の開発は江戸幕府と豊臣家が戦った大坂の陣の後、豪商淀屋常安によって始まった。淀屋常安は土佐堀川に橋を架け、米を商う市を開いた。この時架けられた橋が淀屋橋で、現在も地名などに名残を残している。こうして中之島には諸藩の蔵屋敷が集中するようになり、全国各地の物資が集まる「天下の台所」大坂の中心地として発展を遂げた。

「大阪市役所」など公共施設が集まった

明治維新後、不要になった諸藩の蔵屋敷は払い下げられ、公共施設や教育機関などの用地として使われるようになり、その後も大阪の中心地として重要な役割を果たし続けている。現在、中之島周辺には複数の高層ビルが建つ近代的な風景に生まれ変わりつつも、堂島川や土佐堀川の流れは変わらず、「水都大阪」のシンボル的存在になっている。

「中之島公園」では季節の花も美しい

とくに中之島の東端に広がる「中之島公園」では豊かな緑と川の流れを眺めながらジョギングや散歩を楽しめるとあって、多くの人々が訪れる。近年は川沿いにおしゃれなカフェやレストランが増え、仕事の合間のランチを楽しんだり、休日のバーベキューやクルーズなどリゾート気分を味わったりする姿も見られるようになった。中之島は桜の名所としても知られ、春には花見を楽しむ人も多い。また、夜はライトアップが行われ、夜空に浮かぶ橋とイルミネーションが人々の目を楽しめる。

川沿いの景観が楽しめる「中之島バンクス」

2009(平成21)年には、玉江橋と堂島大橋の間の堂島川左岸約400メートルの堤防上に、水と陸と空という立体的な3層を際立たせる空間を演出することで、多彩な景観を楽しめる複合施設「中之島バンクス」がオープンし、注目を集めた。

大阪市中心部に居ながら、リゾート気分を楽しめる中之島。ここには他の街にはない魅力が満ちている。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

大阪中之島エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP