三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  神戸三宮エリア  >  暮らす 買う > 神戸旧居留地

神戸旧居留地

神戸旧居留地

三宮・神戸三宮・三ノ宮」駅と「元町」駅の南側、「大丸 神戸店」と「神戸市役所」、海岸通(国道2号)に囲まれた500メートル四方ほどのエリアが、「神戸旧居留地」である。このエリアは、1868(慶応3)年の開港に伴い、外国人の住居や通商の場として整備された。造成はイギリス人土木技師によってなされ、ヨーロッパの近代都市計画技術を基に格子状街路・街路樹・公園・街灯・下水道などが整備されたが、この形状は現在もほとんど変わらず残っている。

神戸旧居留地

1899(明治32)年に居留地全体が日本政府に返還され、現在ではファッションやビジネスの中心地として発展している。また、主な西洋館・近代建築は日没から夜10時頃までライトアップされ、仲町通と「東遊園地」で毎年12月に「神戸ルミナリエ」が開催されるなど、観光名所としても人気が高い。特に近年では、高級感あふれる空間を生かして「ルイ・ヴィトン」や「ディオール」などのラグジュアリーブランドの直営店や「大丸 神戸店」の別館が進出しており、より洗練された空間として成長を続けている。

神戸旧居留地
所在地:兵庫県神戸市中央区明石町、海岸通ほか 
https://kobe-kyoryuchi.com

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

神戸三宮エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP