三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  白金台・高輪エリア  >  コラム > 武家屋敷街から憧れの高級住宅街となった、白金台

武家屋敷街から憧れの高級住宅街となった、白金台

東京メトロ南北線と都営三田線「白金台」駅を中心に広がる港区白金台。白金という地名は、室町時代にこの付近を開拓した柳下上総介が大量の銀を持っていて、銀は白金と呼ばれていたことから、白金長者といわれるようになったことが由来という。当時、白金は「しろかね」と読まれており、現在の地名も「しろがね」ではなく「しろかね」という読みを引き継いでいる。

八芳園

江戸時代のこのエリアには武家屋敷が建ち並び、明治以降は皇族や財界人の邸宅として利用されるようになった。結婚式場として人気の高い「八芳園」も江戸時代は旗本の大久保忠教(彦左衛門)の屋敷があった場所で、現在の見事な日本庭園は大正時代に整備されたものだ。

瑞聖寺

ほかにも江戸時代の面影を残すスポットは多い。例えば、「白金台」駅近くに建つ「瑞聖寺」は、江戸における黄檗宗の中心寺院として建立された古刹で、今も地域の人々に親しまれ、初詣には多くの人々が訪れるという。

白金台駅

この一帯は空襲の被害を受けておらず、鉄道駅から少し離れていたこともあり、近年まで、歴史の面影が強く感じられるエリアだった。2000(平成12)年に東京メトロ南北線と都営三田線が開通し、「目黒」駅をはじめ、「溜池山王」駅や 「大手町」駅などにダイレクトアクセスが可能となった。さらに、この頃から、エリアを貫く目黒通りの拡幅工事も行われ、交通の利便性が大幅に向上した。

白金アエルシティ

また、2005(平成17)年には隣の「白金高輪」駅に「白金アエルシティ」が誕生し、「クイーンズ伊勢丹 白金高輪店」などバラエティに富んだショップが開店したため、買い物も便利になった。こうして都市インフラの基盤が整備された白金台周辺は、高級住宅街として人気の街に成長している。

プラチナ通り(外苑西通り)

この頃から、白金台周辺にはおしゃれなファッションやカフェなどのショップが続々と誕生し、現在はハイセンスなショッピングタウンとしても注目されている。なかでも「白金台」駅西側から北へ伸びる外苑西通りは「プラチナ通り」と呼ばれ、和食や中華、フレンチ、イタリアンからスイーツまで、さまざまなジャンルの有名店や高級店も建ち並ぶようになり、著名人が行きつけとする店も多いという。

この地で優雅な暮らしを送る人々が「シロガネーゼ」と呼ばれるなど、憧れの街になった白金台。今後もその人気が衰えることはなさそうだ。

白金台・高輪エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP