三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  白金台・高輪エリア  >  暮らす > 覚林寺(清正公)

覚林寺(清正公)

覚林寺(清正公)

日蓮宗の寺院で、加藤清正の位牌や像が祀られていることから「清正公(せいしょうこう)」との呼び名も持つ「覚林寺」。付近の住民からは、「清正公さま」と呼ばれ親しまれており、特に勝負祈願の寺として信仰を集めている。かつて熊本藩中屋敷だったところに1631(寛永8)年に開山。1845(弘化2)年に火災で全焼するも、山門は1856(安政3)年、清正公堂の拝殿・幣殿は1865(慶応元)年に再建された。毎年5月4日・5日には清正公大祭が催され、清正公像が開帳される。また江戸最初の七福神巡りとされる元祖山手七福神の一つ、毘沙門天を祀る寺としても知られている。

覚林寺(清正公)
所在地:東京都港区白金台1-1-47 
電話番号:03-3441-9379
http://www.city.meguro.tokyo.jp/gyosei/s..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

白金台・高輪エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP