三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  経堂エリア  >  暮らす > 大渓山 豪徳寺

大渓山 豪徳寺

豪徳寺

小田急線の駅名にもなっている「豪徳寺」は、山号を「大渓山」という曹洞宗の寺院。創健は1480(文明12)年。当時は臨済宗の寺であったが、1584(天正12)年に曹洞宗に属した。秋は世田谷区の中でも有数の美しい紅葉を見せてくれることでも知られている。

大渓山 豪徳寺

江戸末期の桜田門外の変で命を散らした井伊直弼が出た井伊家の菩提寺としても有名。1633(寛永10)年に祖先の彦根藩主・井伊直孝が伽藍を創建し、整備したことに端を発している。この直孝の戒名が「久昌院殿豪徳天英居士」であったことから、豪徳寺の名となったと言われている。

豪徳寺

“猫寺”の別名を持つ豪徳寺は、招き猫の発祥の地とも言われている。右手を上げている豪徳寺の「招福猫児」(まねぎねこ)は、家内安全・営業繁昌・心願成就に霊験あらたかとされており、遠くから買い求める参詣客も多い。

大渓山 豪徳寺
所在地:東京都世田谷区豪徳寺2-24-7 
電話番号:03-3426-1437
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/1..

読み込み中

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

経堂エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP