三菱地所の住まいリレー TOP >  すてきな街を、見に行こう。 >  表参道・神宮前エリア  >  コラム > 流行発信地としても注目のケヤキ並木が彩る街、表参道

流行発信地としても注目のケヤキ並木が彩る街、表参道

「明治神宮」から「表参道」駅に伸びる表参道は、1919(大正8)年に「明治神宮」の参道として整備された通りで、ケヤキ並木は表参道の街のシンボルとして親しまれている。

表参道のケヤキ並木

このケヤキ並木は、もともと「明治神宮」鎮座の翌年となる1920(大正9)年に植樹されたものだ。この時に植えられたケヤキの大部分は1945(昭和20)年の東京大空襲によって焼失してしまったものの、一部のケヤキは現在も残っているという。また、戦後、新たに植えられたケヤキも現在は大きく成長し、東京都内を代表する並木道になった。

1926(大正15)年に関東大震災の復興の一環として表参道沿いに「同潤会青山アパート」が建設された。この住宅は、鉄筋コンクリート造りの3階建ての建物に、電気やガス、水道、水洗トイレといった当時最先端の設備を備え、軍人や役人、大学教授といった限られた人々だけが入居できたという。

終戦後、近隣の「代々木公園」に米軍の「ワシントンハイツ」が建設されたことから、表参道沿いにはアメリカ人向けの店が集まってきた。1960(昭和35)年には、表参道の「明治神宮」寄りの南側に米軍関係者向けの住宅として「原宿セントラルアパート」が完成。その後、1階部分はショッピング施設、上層階は事務所として使われるようになったことで、クリエイティブな職業の人の入居が相次ぎ、若者文化・流行の発信地として注目されるスポットになった。

表参道のブランドショップ

また、入居者に払い下げられた「同潤会青山アパート」にも、ブティックやギャラリーが数多く誕生し、表参道沿いは、現在のように高級ブランド店などが集まる華やかなエリアに発展を遂げた。

表参道ヒルズ

ファッション界をリードする存在になった表参道の街は、時代の変化に合わせて進化を続けている。一世を風靡した「原宿セントラルアパート」の跡地は、2012(平成24)年に「東急プラザ表参道原宿」として生まれ変わった。また、「同潤会青山アパート」も2003(平成15)年に取り壊され、跡地には「表参道ヒルズ」が誕生。有名ブランドのショップが集まるショッピング施設として、全国的に注目を集めた。

青山北町アパート

また、「表参道」駅の北側に広がる「都営青山北町アパート」は高層住宅に建て替えることで集約し、生み出された敷地を新たに活用する再開発も計画されている。

今後、ますます魅力が高まりそうな表参道エリア。さらなる発展が今から楽しみだ。

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

表参道・神宮前エリアのオススメ仲介物件

読み込み中読み込み中...

このサイトについて個人情報のお取り扱いについてお問い合わせ

不動産の購入・売却・賃貸情報サイト

All Rights Reserved. Copyright Mitsubishi Jisho House Net Co.,Ltd.

PAGE TOP